エンジニアが抱える将来への懸念とは

エンジニアの中には、将来への不安から異職種への転職を考える人もいます。
開発業務に現役で携われる期間は短いと言われることも背景にあります。と言うのも、業界での技術開発のスピードが早く、年齢を重ねると共に新しい知識を吸収しにくくなる人もいるからです。
また、会社に留まる場合には管理職への転向を勧められる可能性があります。開発業務からプロジェクトの管理へと、仕事が変わるわけです。そのためには、プログラミング技術の他にビジネススキルが求められ、コミュニケーション能力やスタッフを管理する能力を備えることが必要となります。
エンジニアは技術者としての業務を希望する場合も少なくないために、管理職への転向よりも転職を選ぶ人もいるわけです。

そうは言っても、全くの未経験で始められる仕事は、あまり多くはないでしょう。大抵の場合、それまでの経験を生かせるようなジャンルで、異職種の仕事を探します。
そんな時は、転職エージェントなどを利用して自分の強みを生かせる会社を紹介してもらう方法があります。経験豊富なエージェントに任せることで、思いもよらない会社を提示されることもあるかもしれません。他にも、独立してフリーランスになることも可能でしょう。
そのまま同じ職種に留まる場合にも不安がつきまとうこともありますし、かと言って管理職にも向き不向きがあります。もちろん、ビジネススキルを持つエンジニアならば多様な転向を可能にすることができます。マネージャーやコンサルタントとして活躍する人も多くいますし、携わる内にやり甲斐を感じられるようになるはずです。
そして、将来の不安を減らすためには、早い段階で自分のキャリアをどのように積んでいくのかを考えることが必要であり、培ったエンジニアの経験が活かせる道を選べるようにスキルや知識をさらに磨いておくなどの準備することが大事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です