異職種での活躍には柔軟さが大切

ソフトウェアのエンジニアと言ってもシステムエンジニアやWEBアプリケーションエンジニアなど様々な種類がありますが、技術などの面で共通する部分も多いため異職種への転職に挑戦する人もいます。

しかし、それぞれの業界で仕事のやり方が異なる部分もあるため苦労するケースもあるようです。
まず、開発するソフトの分野によって使われている技術に違いがある場合があります。例えば、プログラミング言語で言えば、ゲーム開発ではC++などが使われる事が多く、WEBアプリの開発ではPHPやRubyといった言語が良く使われるなどの違いがあります。
また、使われているツールなども異なる場合があるので、転職の際にはその業界のメジャーな開発環境を押さえておく必要があります。
加えて、ソフトウェア開発であれば殆どの現場でスケジュールの期限が定められており、リリース直前や納品前の時期にば多忙になる事があります。
他にも、社内でのみ使うシステム開発に比べ、ネットワークを利用し多数の利用者に提供しているWEBサービスなどの場合にはリリース後のアップデートが頻繁になる場合があります。そのため、よりスピード感のある開発体制をとっていることもあり、転職の際には異なる開発環境に適応する必要があります。
一般的に、今までと違った業界で成功するためには、その現場に合わない過去のやり方を見直すことも大事です。こだわっていては中々上手く行かないことがあるようです。
そのため、その業界毎に新しい技術や仕事のやり方を身に付ける柔軟性が大切になります。その度に努力が必要になりますが、身に付けた技術は裏切らないので、多くの経験をつんだ分、ソフトウェアの開発者としてレベルアップ出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です